サブリースによる賃貸経営|太陽光発電投資って何?【これから注目の不動産投資の一つ】
女性

太陽光発電投資って何?【これから注目の不動産投資の一つ】

サブリースによる賃貸経営

紙幣

サブリースとは賃貸経営の手法であり、所有している賃貸マンションや賃貸アパートを不動産管理会社に一括借り上げしてもらいます。入居者の募集や家賃の徴収などの管理業務は全て不動産管理会社に代行してもらえますので、賃貸経営がとても楽になります。一括借り上げのサブリースの大きなメリットは、家賃保証や空室保証が受けられることです。空室があっても家賃収入が得られますので、毎月安定した収益を得ることができます。サブリースの期間は契約によって決められ、不動産管理会社によっては、30年一括借り上げで契約を締結できる場合があります。30年一括借り上げのサブリースであれば、30年間の長期にわたって安定した家賃収入が得られます。

サブリースの期間は長期間に及びますので、一括借り上げをする賃貸物件は定期的に修繕工事やリフォーム工事を施工することが必要になります。修繕工事を行うことによって賃貸物件の陳腐化を防ぎ、資産価値の維持が図れます。サブリース期間中の修繕工事費については、一般的にはオーナーの負担になりますので、契約時に確認をしておきます。オーナーが修繕工事費を全額負担する場合には、修繕費を積み立てておくことが必要です。修繕積立金がないと修繕工事やリフォーム工事ができなくなるので注意します。30年一括借り上げの場合、概ね15年ごとに大規模修繕工事が実施されます。賃貸物件のオーナーは大規模修繕工事の費用も積み立てておくことが必要になります。